F1について考える。

  • 2017.12.11 Monday
  • 20:40


今晩は♪

短い休日が
終わりそうでーす。

明日からまた仕事の
コンムーなのです(*_*)



今日の記事は、個人的な意見も含まれる記事なので参考になるかは分かりませんが異品種交配には付き物の言葉で、F1について考えた記事を書きたいと思います。


そもそも、F1とは
どういった言葉なのか?


それは雑種第一代の略語で。

対立遺伝子がホモ同士で、異なる種類の両親から生まれた仔の事をそう呼びます。

って、専門用語だらけで
何が何だかわかりませんよね(-_-)zzz


まず、対立遺伝子を
簡単に説明しますね。


人間もそうですが、めだかも両親から1セットずつの遺伝子を貰い、計2セットの遺伝子を持って誕生します。

両親の遺伝子が顕性同士の遺伝子を引き継いだ場合はホモ、それとF1ではありえませんが、潜性同士の場合もホモといいます。

また、顕性と潜性を持ち合わせているものをヘテロと言います。


顕性=遺伝の姿が表に出やすいもの
潜性=遺伝の姿が表に出にくいもの


異品種交配において、F1では対立遺伝子がホモ同士にはなる事がありません。

品種においてどちらかが
顕性になり、どちらかが潜性になります。


例を挙げて、ヒメダカと白メダカをを掛けてF1を作りたいと思います。(今回は色だけの簡潔な遺伝の説明です。)


親の遺伝子を
簡略化して表します。
(Y=イエロー)
(H=ホワイト)


ヒメダカ
Y Y

白メダカ
HH


産まれてくる子供の遺伝子はYHとなり、緋色と白では緋色が顕性なるので、潜性が小文字となりYhとなります。


結果としてはF1では、ヒメダカの様な個体しか発生しない事になります。


そして、この個体達は潜性に白の遺伝子を持っていますので、F1同士で掛け合わてF2を誕生させると。


Y Y(ヒメダカ)ホモ個体
Y h(ヒメダカ)ヘテロ個体
HH(白メダカ)ホモ個体

の3タイプの個体が発生します。


っとまぁ〜
ここまでは以前にも書いた記憶が
ありますが、本題はここからです。


同品種でも違う親同士を掛けた場合、F1になるのかってお話をしたいと思います。


例としまして、楊貴妃にも「楊30」や「紅帝」等、朱さを追求した品種がありますよね。


普通の楊貴妃と楊貴妃(紅帝)を掛けた場合はどう呼べば良いのかって気になる所ですよね。


個人的には楊貴妃F1や紅帝F1とも、呼んで良いのかと思います。


そこから累代して朱さが濃いものを紅帝と呼んで良いと思いますし、同じ品種だろうが親が全く違うものならF1とつけても良いのかなと思えました。


そこは作成するブリーダーさんの
さじ加減なのかもしれませんね。


今回は自分の意見がかなり強い記事になりますので、参考になるかはわかりませんが気に留めて貰えたら光栄です。


さて、今回は久し振りにお堅い記事を書きましたので〆に今日のめだか作業の記録を載せて終わりたいと思います。





室内に水槽を設置しました。




工作用のブラックボードで周りを囲っていい感じに仕上がってます(^∇^)

後は、徐々に立ち上げていくのみです♪♪


それでは♪
今日はここまで!!

文字だらけの記事でしたが、最後まで読んで頂き、有難う御座いました(o^^o)

ランキングに参加しています。

お手数お掛けしますが、更新の励みにはますので、下のバナーボタンをクリックして貰えたら嬉しいです(o^^o)



にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

累代新書。

  • 2017.09.24 Sunday
  • 17:40


こんにちは(o^^o)

はい!
ムーちゃんです♪


今日はキツイっすね〜(;o;)


早朝起きからの〜
昼までフリマで、それから会社です・・・。





仕事行く前にブログネタの
写真をバタバタ撮りました(笑)



おっと!
休憩中に更新なので
早速本題に行きましょ〜


今回は、異品種交配での
過程の記事で御座います。

今回は、万葉出目と
体内光スワローのF1の
紹介をします。











やはり、緋斑はF1でも
発生するようですね。

緋斑の要素は片親にしか無いのですが、それでも出たのは嬉しい誤算です♪

ただ今の所、緋斑が出てるのは
やはり雄のみの確認でした・・・。


あぁ、伴性遺伝(;o;)


まだF1なので出目やスワローの容姿は確認出来ませんが、F2も採れてますのでちょこちょこ面白そうな個体を探して見たいと思います( ^ω^ )♪


それで伏線ですが、今回は異品種交配の個体を近々開催するKMの賞品にしたいと思います。

それがF1なのかF2なのかは
その時の状況で変更します。

詳細はまた追って
更新致しますね( ^ω^ )


って、休憩中に更新が終わるかと思ってたら仕事が終わって車内で更新してました(笑)


でわ、そろそろ帰宅します(;o;)


また明日、お逢いしましょう♪


最後まで読んで頂き
有難う御座います♪


お手数お掛け致しますが、更新の励みにもなりますので下のバナーボタンをクリックして貰えたら嬉しいです( ^ω^ )


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

変わるそうです。

  • 2017.09.07 Thursday
  • 13:38


豪雨で御座いまーす♪


めだかを撮ろうと
外まで出掛けたら〜

豪雨にやられて
愉快なコンムさん〜♪





てな訳で、今日も
めだかを撮れてませんm(._.)m


さてさて、会社の駐車場から仕事前に更新していますが、今日はちょっぴり役立つ情報かもしれません。


って、情報源は
嫁さんなんですけどね(笑)

流石は店長!!


内容的にはメンデルの法則の劣性と優性の名称が変更になったって事です。

優性や劣性と聞けば、区別を付けるようで響きが良くない等の要因で、優性を顕性に変更し、劣性を潜性に変更となるとの事でした。

教科書等の変更も正確に変更された後に随時変更との事で、めだかのブリーダーさん達にも多少なりとも影響はあるとは思います。


優性、劣性って言ってたら時代遅れって言われちゃいそうですからね_(:3」z)_


おっと!
大した事も書けませんでしたが、仕事の時間ですのでまた明日にお逢いしましょう( ^ω^ )


最後まで読んで頂き
有難う御座います(o^^o)


ランキングに参加しています♪

お手数お掛け致しますが、下のバナーをクリックして応援して貰えたら嬉しいです(o^^o)



にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

最近解明されたとの事。

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 22:06


今晩は♪
まずはじめに、御免なさい!

今日は画像無しですm(._.)m


コンムーです。



いゃ〜
今日も頑張りました♪

頑張り過ぎて
更新未遂する所でした(笑)

今日のネタは2、3日前に何処ぞやのラボで解明したという、めだかの体色に関連するお話をしていきたいと思います。

その研究内容とは、四季でめだかの体色が変化するとの事でした。

実際に、個人的な感覚でもそんな感じはしていましたが、この研究結果でその裏付けが出来ました♪♪


まぁ〜、春〜秋に掛けての婚姻色等の色上がり等を見れば水温が上がれば色上がりが良くなり、冬場の冬眠時期は体色が落ち着くってのは何となくわかりますよね♪


話によると朱色等の赤みがある
色合いにその影響が強いそうですね。
特には掛け合わせ等には影響があるわけではない記事でしたが、めだかの勉強はどんとこいですね!!


新しくめだかの知識を
覚えていくのは楽しいです( ^ω^ )

まだまだ未知のゾーンだらけの
めだかワールド!!

頑張って攻略していきたいですね^_^


では!
明日も早いので
今日はこの辺でお休みなさい♪


最後まで読んで頂き
有難う御座います(o^^o)

ランキングに参加しています♪

お手数お掛け致しますが
下のバナーをクリックして
応援して貰えたら嬉しいです(o^^o)

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

うーんと!F1とF2。

  • 2016.07.18 Monday
  • 23:04



今晩は♪





昨日の夏季訓練を終えて
今日はゆっくりとでき・・・


てない!

コンムーです(笑)



いゃ〜
昨日に続き
ヘトヘトです(T . T)

今日のお昼頃に梅雨明け
宣言が出たみたいですね♪

お陰様で夏バテしてしてます( ; ; )

今日は有給でゆっくりとめだかをいじる事が出来ましたが、途中からはダレちゃいましたね(;_;)


さてさて、本題のお題は〜

帝王の行く先とオレンジテール透明鱗×三色F1の現状を報告しようと思います♪

初めに行っておきますと・・・


まだまだですヽ(;▽;)ノ


帝王の親が1度雨で流されて親を変えて新しく採卵していたのですが、以前の親とは違いイマイチのようです。








(目にゴミが(笑))




F2では黒眼烏系みたいな個体が出たり青系の光透明鱗っぽいのも出てますね〜

でも、以前の親の子は黒系の
透明鱗光も出てたのですが・・・

まぁ〜
文句を言っても
しょうがない!!


ヒカリ体型の血統は少なからずとも持っているはずなので、普通種体型の黒系同士を親に光体型を作りたいです。

青系のヒカリ体型のを片親にしても良いのですが、色を後々揃えるのも面倒なので黒系を固定化させつつヒカリ体型を発生させる方が効率が良いのかなと思いますね。


今後の累代に期待です(*^^*)



次は、オレンジテール透明鱗×三色F1の現状紹介です♪


こちらもまだ何とも言えません( ; ; )









三色というよりもオレンジテール透明鱗寄りの個体って感じですね(;_;)

F1ですが、同系統寄り個体なので透明鱗の表現が出てるか出てないか位でそれ以外はあまりらけてはないですね。


こちらも今後の累代に期待です。

期待期待って場所を取り過ぎてもアレですが出来る範囲で面白い個体を作れたらなと思いました(*^^*)


それでは!
今日はこの辺で終わりまーす(*^o^*)


最後まで読んで頂き
ありがとう御座います♪



ランキングに参加しております♪

お手数お掛けしますが、更新の励みにもなりますので下のバナーボタンをクリックして貰えたら嬉しいです(*^^*)



にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


【マ】ラメ丹のF4の種親選別♪

  • 2014.06.15 Sunday
  • 08:57


こんにちは〜♪

本日は、博士も助手1号君も留守なので
ナレーションのみでお送りいたします。

さっ!

さっさと
おっぱじめるわよ〜♪




さぁ〜
ワールドカップも
始まりましたね(^^)

自分の周りの人達はそのネタで
結構賑わってますね〜(*^o^*)

自分はテレビはあまり見ない人なので
妄想で応援しております(笑)


あっ!
それと、家の逆さ娘達も
応援しているようです( ´艸`)





フチ子さんのワールドカップバージョン
がしれっと発売されてました・・・。


ってか!
この前まではコーヒーの
オマケだったのに・・・


今回は単品ガチャで

一回300円!!

本当、お高い女に変わりました(笑)



おっと!
時間が無いのに前振りに
力を入れてしまいました(笑)



でわ!
早速昨日のネタに〜

今年の春前に生まれたラメ丹F4が
そろそろ採卵できるサイズに成長しました(*^^*)


【上見】








【横見】






とりあえず伴性遺伝なので
累代回数を重ねて突然変異を
狙っております(*^^*)

別途、後2パターンの
掛け合わせ目論んでますが
それはまた別のお話〜♪

この分の採卵した卵は次回の
KMの金賞にでもするかな( ´艸`)



ほい!
ついでですのでシローラ系の派生で
出た幹之の光が出ていた個体に
目を引かれていたのでその分も
しれっとペアリングしてました♪

その個体も載せます(^^)







何か綺麗なんですよね〜♪
バリバリ産卵中〜(^.^)

針子もウヨってます。





これもKMにでも出してみよう♪
これからが面白そうな個体です(^_^)b


おーっと!
バレーの試合が始まりそうです(;_;)


そろそろ行かなくては〜(´`:)


でわ!
こんな感じで
今回は終了です♪


最後まで読んで頂き
ありがとう御座います♪


今日のコンムー星座占い♪

牡羊座のあなた!

今夜は羊を数えると気になって
眠れなくなるかも〜ヽ(;▽;)ノ


って!
それやってる人
居るんかいな?(笑)



にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


【マ】シローラ系ラメ丹F4の現状と今後の展開!

  • 2014.06.08 Sunday
  • 12:13


『むむっ!
何だって〜!!

こんな事があったなんて・・・』



『コンムー博士!
また、ザ・○○○を
読み漁ってるんですか〜?

いい加減、研究に集中しましょうよ!』



『分かってないなぁ〜

助手1号君!

表紙はそう見せかけといて
実は中身は違うんだな〜♪

今後の改良のレポートを
とっている所なんだよ♪』



『はいはい!

そう言う事にしときましょう〜


って!
今度は、九○ポですか!!』




『シーッ!

って、ダベりだけでここまで来てるんで
そろそろ今回のレポートを紹介するかな♪』



『ですね♪

今回は、シローラ派生のラメ丹F4
の現状と今後の展開を発表していこうかと思っています。

先ずは、そこそこ成長したF4の
現状姿をご覧下さ〜い。』



『ここで注目する所は、伴性遺伝が抜け切れてない所じゃな!

これがどうにかならない限りは
固定化はまだまだ先のようじゃ・・・。


先ずはオスの方をupじゃ♪』



オス










『オスのY染色体に依存する色素に緋色がある為、X染色体しか持たないメスの個体には緋色は遺伝しないと云うのが考えられていたんじゃよ!

因みにオスの性遺伝子の
記号はYXのヘテロで
メスはXXのホモになるんじゃ〜


でも、現に緋色のメスは居るじゃろ?
それが突然変異になるんじゃよ。』



『なるほどですね♪

では、緋系のメスは掛け合わせを繰り返して発生してきたものなんですね。』



『まぁ〜
そのような所じゃな!

次に紹介する個体が、緋色色素が無い
メス個体になっておるぞい!』



メス










『これはこれで綺麗なんですが・・・

やはり、オレンジ身がある方が丹頂のような表現に適しているような気がしますね〜』



『個人的な好みもあるじゃろうが〜
ワシもそう思うぞい!

今後、このまま累代を重ねて
オレンジ身が出てくる突然変異の
メスを生み出すか・・・

もしくは別の丹頂系のメスを拝借して
オスと掛け合わせてみるか。

今後の選択肢は増えそうじゃな〜』



『そうそう〜

博士!

そう言えばこれらからも少し別の表現の子も発生しているようですね。』










『白系のラメラメと幹之調な雰囲気の個体みたいじゃな〜

これはこれで面白そうなのだが・・・

しかし、ラボを運営する資金も尽きておるのでラメ丹の作成を最優先せねばいか〜ぬ!』



『博士!
そろそろ会議の時間になりますよ〜』



『おおっ!
そうじゃった!

では!
今回はこの位で終わりにするかの〜
後は、各自で自習するように〜』



【ナレーション】

掛け合わせの際は、色々と情報を集めていた方が有利になる時があります。

薄識なコンムー博士ですが(笑)
微力でもお力になれたら嬉しいです。

お困りの際は〜
是非、ラボの方に
足を運んで下さいね♪



今日のコンムー星座占い♪

そこの射手座のあなた!
今日は何かがあると思います・・・。

もはや占いでも
なんでもない(笑)



にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


【マ】禁断の掛け合わせ。

  • 2014.05.07 Wednesday
  • 07:52



『コンムー博士!

ラボの倉庫を掃除していたら
奥にこんな物がありました・・・

掛け合わせ重要レポートって
書いてある厳重そうな箱です!』



『おっ〜!

助手1号君、懐かしい物を
持っておるじゃないか♪

昔はよくここに研究の
レポートを書き溜めていたものじゃ〜』



『でも、中身はザ・ベス○って
雑誌だらけでしたが〜・・・』



『ある意味これも立派な
掛け合わせ書物じゃよ!

表紙に惑わされていてわ
まだまだ甘いぞ助手1号君!』



『やっぱりそうだったんですね♪

博士の鼻が伸びてるのは
気のせいとして・・・

もう一つ小さな箱も見つけたんですが
これが何故か開かないんですよ〜』



『駄目じゃ!
それに触れてはならん!!

それが開けば大変な事になる。』



『えっ!
今開きましたけど・・・』



『・・・』


『・・・』


『・・・罰として帝国の草ムシり!!』


『エーッ!』


数時間後・・・


(実際は嫁さんの親父さんに綺麗にして貰ってました。)


『もう隠す事も無かろう・・・

それは、開けてはならぬ
パンドラの箱なのじゃよ!

この箱には掛け合わせをしたら
大変な事になるレシピが封印されて
いたのじゃ・・・。』



『掛け合わせてはいけない個体・・・!?

一体、どうなっちゃうんですか〜?』



『沢山の災難に見舞われるであろう・・・

まず始めに、容器が足りなくなる。
そして次に、容器が足りなくなる。
終いには、容器が足りなくなる。

こんな恐ろしい
状況に陥ってしまうのじゃ!』



『それ、一つで良くないですか?』


『せっかくなので、その中から一つだけ
恐ろしい掛け合わせを紹介しよう。

まず始めに、茶めだかの
突然変異であるオーロラメダカを
用意する所から始めよう。











お次に、ラボで
現在、最もホットな種類の
アルビノメタル透明鱗を用意する。









この種類同士の掛け合わせは
なかなか危険な物があるのじゃよ。』



『それは何故ですか?』


『うむ!

オーロラめだかとアルビノ個体は掛け合わせるとF1個体には全ての色素が優性のヘテロになることから、F2には色々な色にバラケてしまうのじゃ、しかも、オーロラならではの変わった色味も出てくるので、それだけでも個別にするのに容器を沢山使うのに、それにプラスして光り体型と透明鱗の特徴も発生する事から・・・

パターン的には少なくとも、緋・白・茶・青・アルビノと5色の基本色だけでも25種類の分岐が出てくるのじゃ!!!』



『ギョギョギョ!!

それからすると、運が良くてもペアを採るには50匹は必要になりますね!!!』



『確率からすると同種のペアが確立する可能性はまだまだ低い気がすると思うぞい!

昨日、拡張した屋外ラボでも
種類別に収めるのが不可能じゃ・・・』






『何という恐ろしさ・・・

博士!

これは見なかった事に・・・


って!

何、タッパーにその二種類を
移してるんですか!!!

自殺する気ですか!』



『F1までは可愛いもんじゃよ
その次の扉を開かなければね・・・


そうじゃ!
このF1の名前は

【パンドラ】

としようじゃないか♪』



『博士〜

後で泣き目にあっても
知りませんからね〜』



『研究には犠牲が付き物じゃよ、今回はパン屋さんに犠牲になって貰おう(笑)』




そうして今日もまた
帝国ラボの1日は
過ぎるのであった・・・





今回は、前振り延長方の
記事にしてみました♪

如何でしたでしょうか(^.^)?


それでは、電池も無いので
今日はこの辺で帰宅しまーす♪


最後まで読んで頂き
ありがとう御座います♪


ランキングに参加しています♪

お手数お掛けしますが、更新の励みにもなりますので下のバナーボタンクリックにて応援して貰えたら嬉しいです(*^▽^*)



にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


【マ】楊貴妃の掛け合わせ実験!

  • 2014.04.19 Saturday
  • 11:18
フォッフォッフォッ♪

あっ!
バルタ○星人じゃないよ?
コンムー博士じゃよ?(笑)

皆様方
お久しゅう御座いますじゃ。

研究に日々没頭するあまりに
中々、顔を出せませんでしたわい。


何の研究かって?
それは勿論、円滑にお小遣いの
額が増大する研究ですわいな♪(笑)



そんなこんなでお小遣い低迷中の
コンムーが、今回もお送りします♪


今日は絶好のメダカ日和です(^-^)♪









夜勤じゃなきゃ、作業の方を
すこぶる頑張ってたのに(*´Д`*)


まぁ、軽くはこなしましたけどね♪



さて!

今回は少し前に紹介した〜

累代による血が濃いくなる現象の
新たなる対処法がピンと来ましたので
ご紹介しますね♪

今回は条件付きですが
結構万能なやり方です(^.^)

まだ、理論の上で解説している箇所があり
すぐさま採用という根拠は不足気味ですが
今後の検証にて掘り下げていきたいですね。


今回の掛け合わせは
アルビノを使います♪

条件としては、単一の色素の
メダカに有効な方法かと思います。

 
単一の色素とは、従来の自然のメダカの体色は黒・白・黄色の3つの色素胞(虹色素胞を合わせれば4つ)からなっていますが・・・

その3つの中で一つだけの
色素を持ち合わせている個体になります。


黄色ですと、緋メダカや
それが濃いくなった楊貴妃等。

他にも、黒や白などの個体にも
使えそうな感じがしますね。


何故、単一かと云うと、複数の色素を
持ち合わせた個体からF2以降を採ると
バラバラな色になってしまうからです。


詳細を書きますと。


メンデルの法則で説明します。

遺伝子には優性と劣性があり
体表に表現されるのは優性の
遺伝子だけになります。


今回は色素の掛け合わせの
成り行きを解説しますね。


アルファベットの大文字が優性で
アルファベットの小文字が劣性とします。


遺伝子は双方の親から
1つずつ貰って子に受け継がれます。

なので2つ対で1つになります。


両方の色素遺伝子の
優性を引き継いだら。

大文字同士になりますよね
これを優性のホモと云います。

例:BB

ホモとは
一緒と云う事です。


次に片親が優性で、もう片親が
劣性の色素遺伝子を引き継いだら。

片方は大文字で
片方は小文字になります。

これを優性のヘテロと云います。
ヘテロとは異なったと云う意味です。

例:Bb

この場合でも、優性遺伝子が勝っているので優性として体表に表現されます。


最後に、両方の親から色素遺伝子の
劣性を受け継いだ場合は両方が
アルファベットの小文字になりますよね。

この場合は、劣性のホモになります。

例:bb


この場合は、そのメダカの体表に
この色素遺伝子が反映されません。


粗方、説明したところで
次に応用編に進みたいと思います。


先ずは自然のメダカの
色素遺伝子の配列を書きます。


BBWWYY


B:黒色色素
W:白色色素
Y:黄色色素


全てが優性のホモです。


なので、自然のメダカ同士での交配は・・・


雄が青
雌が赤で示します。


BBWWYY


BBWWYY


その子供は・・・

BBWWYY


になり、親と全く同じですね。

なので、それから先も同じ色の
個体しか生まれてきません。


では、アルビノはと云いますと・・・


bbwwyy


全ての色素遺伝子が劣性です。
なので、体表には色味が出てません。


例えば、自然のメダカと
アルビノを掛け合わせると。


日本メダカの雄
BBWWYY

アルビノの雌
bbwwyy


その子供のF1個体は・・・

BbWwYy

となり、全ての色素遺伝子が
優性のヘテロとなります。

色素遺伝子は優性ですので見た目は
なんら変わりない日本メダカですが。

その個体の更に子供では・・・。
(最初の掛け合わせの孫の代)


劣性のホモも出てきますので。

色素が欠乏する事によって
違う色の個体も出てきます。



さて、本題はここからです!

前振りながっ!(笑)


単一の色素だけでしたら
このゴチャゴチャを
抑える事が出来ます。


楊貴妃の雄
bbwwYY

アルビノの雌
bbwwyy


その子供のF1個体は・・・


bbwwYy


となり、見た目は楊貴妃ですが
F2からはアルビノの要素も
持ち合わせたら個体となります。


これなら、アルビノも楊貴妃も
双方の血を薄く出来るじゃないでしようか( ´艸`)♪


それ以外の色は出てきませんし
このやり方で、累代したら意外と
いけそうな感じがします(*^-^*)


と云う訳で!
早速ペアリング(笑)

今回は、実験でホワイトアルビノと
イエローアルビノの双方で
F1を採ってみたいと思います♪


先ずはイエロー勢から♪











お次は、ホワイト勢です♪






ホワイトとイエローの違いが
どう出るか楽しみですね(^.^)

オマケに血も入れ替えれるので
一石二鳥ですね( ´艸`)


その後のレポートは
度々、記事としてあげますね♪


また楽しみが増えましたね(^.^)


さぁ!
夢中になって記事を書いてたら
寝るのを忘れてました(´ー`)


まだ、初日が終わっただけやねん!

後三日あるんね〜ん。゚(゚´Д`゚)゚。



そういう訳で寝ますね(笑)


何か分からない事があれば
リコメで追記しますので
お気軽にどうぞ〜♪


でわ、おやすみなさい(^.^)


最後まで読んで頂いき
ありがとう御座います♪


ランキングに参加しています♪

お手数お掛けしますが、ボチボチ順位を上げていきたいので下のバナーボタンクリックにて応援して貰えたら嬉しいです(*^▽^*)



にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


【マ】切り捨て御免の筈が・・・

  • 2014.03.02 Sunday
  • 02:17


拙者!

切り捨て侍と申す!!

今宵も、スペースの都合上でミックス水槽行きか里子に出す個体を容赦なく選別しているで候〜。


今回も容赦なく斬る!


スバーッ!!




今回のターゲットはこやつじゃ〜


『青メタル×オレンジメタルのF1!』


(横見〜)








(上見〜)








何じゃ!!
この金色の眩しさわっ(ノД`)

拙者、この眩しさで太刀打ち出来んで候・・・



ここは、コンムー殿に
助太刀をして貰わねば・・・



あっ!

ども♪
コンムーです(゚∀゚)




このF1はスペース上で
里子に出す予定でしたが・・・

思いのほか綺麗に変化して
少し迷っております(ーー;)


因みにF2も少し採ってみましたが、
様々な色合いのヒカリめだかが誕生してますね(*^▽^*)









このF1だけで基本的なカラーの
ヒカリめだかを大体作れるかもですね♪


うーん!
迷いま〜す(´д`)

所で、こんな感じのめだかの里子って
皆さん欲しいですかねσ(^_^;?


皆さんの後押しで里子に出すやも(笑)



さて!

今回は残業と消防の訓練があるので、
夜勤の昼休みに更新中ですが〜

そろそろ、休憩も終わりそうなので・・・
今回は、優柔不断ネタでしたが仕舞いにします(ノД`)


それでは♪
残り7時間気張ってきまーす(^_^)ゞ


最後まで読んで頂き
ありがとう御座います♪


ランキングに参加しています♪

お手数お掛けしますが、応援していただけると光栄です(*^▽^*)



にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links


http://" target="_blank" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_link');">御神田の水

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM